栃木県文芸家協会は昭和47年に設立され、翌48年には会誌「時代」創刊し毎年発行してきました。同誌は、平成24年の第45号まで続きました。平成24年に協会が創立40周年を迎えるのを機に、総合文芸誌「朝明」と名称を改めました。
 「朝明」は、小説(戯曲)・評論・随筆の散文、詩・短歌・俳句・川柳の韻文を網羅した、栃木県文芸界をリードする総合文芸誌です。会員には、各分野の文芸賞を受賞した者も多くいます。
 また、毎年テーマに基づいた特集を組んで、ジャンルを横断した作品も掲載しています。
 毎年12月に刊行し、会員のみならず図書館、関係機関等に配付しています。

 朝明創刊号から現在に至るまでの目次は以下のとおりです。