■表紙写真 陶芸「牛鬼」 藤原 郁三

目 次

[創作] (小説)

祖母の初恋 三浦 安臣 1
キンモクセイ 嶋  均三 4
なれば雪の声にも耳をふさぎ 福冨 陽子 6
むくろ樹 紙屋 里子 9
カエルの王子様 水樹 涼子 12
生還(絶望の淵から) 高杉 治憲 15
葡國の風 安西 悠子 18
おどり場 島田トミ子 21
還る 鈴木あぐり 24
山人の村 相馬 龍久 27

[評論]

爛漫と咲く桜に恋情と無常を
―桜は西行にとって恋人であり依代―
宇賀神 忍 30
エドガー・アラン・ポー 森  羅一 33
百年前の帝大生ノートから 柴田 裕巳 36

[随筆]

安蘇の山川 小林 博 40
太宰を読むとき 大出 京子 42
溶けたアイスクリーム 松林 厚子 44
赤いフィアット 柴崎 幸子 46
どっこい生きてやるぞ 舘野ひろ子 48
小さな旅 宮部 紀子 50
お墓の引っ越し 髙橋 暁美 52
根尾谷の淡墨桜 大野比呂志 54
ほころび 押久保千鶴子 56
冬の旅 古谷 耀子 58
友の国で 藤田 香月 60
今年もまた、秋 国井 和子 62
大きなもの 五反田キヨ 64
オレ 国母  仁 66
名前の由来 水野 弥彦 68
『エール』の背景 小島 延介 70
お好み焼き 関根喜久枝 72

[詩]

賑やかな封筒 鈴木 芳子(矢板市) 73
信じられる雨 神山 暁美 74
飛行少年 高田 太郎 76
コロナ残酷物語 こやま きお 78
朝と日中 村上 周司 80
イノシシの田の草取り 貝塚津音魚 81
絵ハガキ 松本ミチ子 82
沼の回想 螺良 君枝 84
茸採り 戸井みちお 86

[短歌]

冬から秋へ 大島 孝子 88
卯月の風に 神谷 由里 89
鳥とマスク 唐澤るみ子 90
黄蝶ふたつ 神野 規子 91
溝萩 佐藤 孝子 92
育てられて今 島内 美代 93
この夏は 鈴木 芳子(宇都宮市) 94
夫ならず 園部 恵子 95
猛虎の襖絵 高橋 淑乃 96
一寸先は闇 滝口 節子 97
憂き世川 田村世津子 98
五体ゆだねる 永島 道夫 99
石井里佳師を悼む 野口もと子 100
真夏の仙人掌 橋本 茂子 102
朝明けんとす 福澤 悦子 103
如何なる未来を 星野  清 104
新型コロナウイルス 増田 律子 105
自粛とふ日々 増渕 弥生 106
この世なる間は 山崎緋紗江 107
広き空 横山 岩男 108

[俳句]

日本の音 人見 靖子 109
はなむぐり 石井  光 110
この世の時間 大須賀邦夫 111

[川柳]

シンキングタイム 石嵜 敬子 112
日日是好日 善林 真琴 113
令和色 柳岡 睦子 114
ステイホーム 早見 千代 115
助け船 水上 義明 116
ミッション 野口 直子 117
ウィズコロナ 松本とまと 118
小糠雨 三上 博史 119

[特集「コロナで考えたこと」 121]

祖母のトマトジュース 松林 厚子 122
「文芸ってなんだろう」を考えた 福冨 陽子 123
五十年前の予言 紙屋 里子 124
明るい未来のために 神谷 由里 125
動かない 大出 京子 126
金魚のように 神山 暁美 127
白と黒グレーもあってコロナかな 石嵜 敬子 128
ウィズコロナの段階に 福澤 悦子 129
クラスター 舘野ひろ子 130
天国と地獄の紙一重 高杉 治憲 131
Go To チャーチ 早見 千代 132
横文字・カタカナ言葉 髙橋 淑乃 133
人類は〝ウイルス〟から逃れることは出来ない 安西 悠子 134
コロナで足止め 古谷 耀子 135
あえて詠う 横山 岩男 136
訪問先で学ぶ 島田トミ子 137
ヒトの進化はできるのか 国井 和子 138
メディアのありがたみ 髙橋 暁美 139
たのしみは昼寝せしまに 山崎緋紗江 140
二〇年前のドイツ生活を思い描いて 橋本紀久子 141
検温ブース 国母  仁 142
この大自然の深部 唐澤るみ子 143
貴重な経験を今後に生かそう 水野 弥彦 144
不安と遊撃 戸井みちお 145
日本の世間と空気 相馬 龍久 146
新しき日常 橋本 茂子 147
亡国論としての新しい日常 三上 博史 148
令和元年度事業報告 事務局長 三上 博史 150
栃木県文芸家協会規約 152
栃木県文芸家協会会員名簿・役員名簿・『朝明』編集委員 154
編集後記 158