■表紙写真 天明鋳物「唐澤山神社 狛犬」 栗崎 二夫

目 次

[創作] (小説)

想い出ボールは涙色 石塚 蓉子 1
鈍色(にびいろ) 福冨 陽子 4
さんど川 嶋  均三 8
父と子の絆「天国の親友、福井修平に捧ぐ」 高杉 治憲 11
末裔地主 紙屋 里子 14
〝神様〟は優しいそして悲しいお方であった 安西 悠子 17
ドンマイ 鈴木あぐり 20
マタタビとReception 德永 楽遥 23
鉢試し 相馬 龍久 26

[評論]

筆名の由来 森  羅一 29
汚れ無い心で誠実にひたむきに ―相田みつをの人生指南― 宇賀神 忍 32
能代海岸砂防を決定づけた「陳情書」(大正九年)を読みとく 柴田 裕巳 35

[随筆]

雨情とつる夫人 小島 延介 40
セルフレジ 柴崎 幸子 42
今夜はどちらに 大出 京子(たかこ) 44
木根川橋 松林 厚子 46
恥ずかしながら 古谷 耀子 48
青い海に囲まれた南の島は 大野比呂志 50
他力本願 小林  博 52
押久保千鶴子 54
児童書に魅せられて 舘野ひろ子 56
祖父母のぬくもり 藤田 香月 58
ワクチン狂騒 髙橋 暁美 60
高尾山の思い出 水野 弥彦 62
雑草事情 国井 和子 64
梅雨の雨 国母  仁 66
幸子と私 関根 喜久枝 68

[詩]

愛のかたち 神山 暁美 70
村上 周司 71
ぎったんばっこん こやま きお 72
水無月 森  秀夫 74
秘密 松本ミチ子 76
河骨川 高田 太郎 78
ワンヘルス(一つの健康) 貝塚津音魚 80
秘密 螺良 君枝 82
住居 戸井みちお 84

[短歌]

雨の庭より 大島 孝子 86
明日へ 神谷 由里 87
草の鐘 唐澤るみ子 88
渇きゆく 神野 規子 89
蝶ともなりて 島内 美代 90
いつの日か 鈴木 芳子 91
星の行く末 園部 恵子 92
アフガンに死す 高橋 淑乃 93
いのちの余白 田村世津子 94
夢の欠片 福澤 悦子 95
三子洲 増田 律子 96
ありがたう 増渕 弥生 97
蜻蛉(せいれい) 山崎緋紗江 98
つきかげ 横山 岩男 99

[俳句]

始発 弐 吉田 良二 100
日向ぼこ 人見 靖子 101
昼の月 大須賀邦夫 102
猫と暮らす 石井  光 103
数多の句 斎藤 光星 104

[川柳]

ひとりごと 善林 真琴 105
神様の輪郭 石嵜 敬子 106
記憶遺産 柳岡 睦子 107
ヒーロー 早見 千代 108
秋風 水上 義明 109
ハイヒール 野口 直子 110
星光る 松本とまと 111
なで肩の色気 三上 博史 112

[特集 ときめいた時 113]

「まほろば」に魅せられました 石嵜 敬子 114
宮大工 福冨 陽子 115
中野サンプラザで 神谷 由里 116
淳一に恋をして 神山 暁美 117
四季の詩(うた)を詠む
斎藤 光星 118
海も輝いていた こやま きお 119
人生の障碍を飛び越えたあの日、その瞬間 高杉 治憲 120
半額シール 松林 厚子 121
緑蔭にて 福澤 悦子 122
うんまいコーヘー 舘野ひろ子 123
朝日 紙屋 里子 124
出逢いから導きへと 藤田 香月 125
〝ときめき〟は夢の中 安西 悠子 126
少年たち 早見 千代 127
杉並木 髙橋 暁美 128
小学校時代の儚い心情 水野 弥彦 129
ときめきは大切 高橋 淑乃 130
朝のサラダ 山崎緋紗江 131
白い波 德永 楽遥 132
新緑の横根山と井戸湿原 松本とまと 133
銀座 国母  仁 134
平成二九年九月九日土曜日の昼下がり 三上 博史 135

 

令和2年度事業報告 事務局長 三上 博史 136
栃木県文芸家協会規約 138
栃木県文芸家協会会員名簿・役員名簿・『朝明』編集委員 140
編集後記 144