令和2年度栃木県文芸家協会総会が開催されました

 新型コロナウイルスの影響により開催が延期されていました令和2年度栃木県文芸家協会総会が、9月27日(日)午後1時30分から栃木県教育会館[宇都宮市]において開催されました。小林会長が病気により欠席となり、福田副会長が会長代行として議事進行を務めました。会員22名が出席いたしました。
 審議事項の①令和元年度栃木県文芸家協会事業報告、②令和元年度栃木県文芸家協会収支決算報告は、事務局からの説明があり、審議のうえすべて承認されました。
 ③年会費の改定については、会員増加により朝明原稿への投稿数が増え、これにより印刷経費が嵩むことから現在の6,000円を2,000円値上げして8,000円とすることが事務局より説明されました。審議のうえこのことは承認されました。
 ④令和元年度栃木県文芸家協会事業計画、⑤令和元年度栃木県文芸家協会収支予算、⑥任期満了による役員改選については、事務局からの説明があり、審議のうえすべて承認されました。
 その他として、今年度事業計画に基づいて発行される朝明第9号の編集方針について説明がありました。
 例年、総会終了後に開催された懇親会には新型コロナウイルスの影響により中止となりました。

〈事務局〉